部署紹介

公演に参加する団員は、公演の中でいくつもの役職に割り振られ、公演を支えています。

ここではスタッフを中心とした主な役職を紹介します。

舞台班

演技空間=舞台を作る部署です。

デザインから設計、製作まで全て自分たちの手で行います。

設計に沿って木材を切り出し、釘・ビスを打ち、塗料を塗ったり壁紙を貼ったりし、そうして長い間作ってきたものを最終的に1日で舞台の形に組み上げます。

音響班

芝居に音を加える部署です。

雨や虫の声などの効果音で臨場感を出したり、BGMで雰囲気を作ったりします。

音は自分で編集して作ることもあります。

本番中にシーンに合わせて音を流す「オペ」も担当します。

音の持つ、言葉では言い表されない部分を巧みに使い、想像を掻き立てます。

照明班

舞台や役者を照らします。

表現したいことにあわせて光の色味や角度・タイミングを使い分けることによって、時間や場所、心象の変化の表現をはじめとした様々な効果を変幻自在に作り出します。

音響と同じく、本番中にシーンに合わせて照明を変える「オペ」も大切な仕事です。

衣装小道具班

役者の着る衣装や、舞台上で使う小道具を担当する部署です。

役のイメージを膨らませて、その役らしい衣装や小道具をいろいろな店をまわって探したり自作したりします。

役者がより役らしく魅力的に見えるよう、髪型やメイクもプロデュースしたりします。

制作班

お客さんとの窓口になる部署です。

多くのお客さんに来てもらう・快適に公演を観てもらう方法を考えるのが主な仕事です。

具体的には、宣伝美術が作ったビラをいろいろなところに配ったり、立て看板を制作して設置するなどの外部への宣伝、予約の管理や受付などを行います。