interview

【卒業生インタビュー】チヨ役 堀江 香那

Q.1 今回は何をなさるんですか。

アンサンブルキャストです。
実はほぼ素顔さらさないかも、今回(笑)オペラ座の怪人気分で頑張るからどこにいるか見つけてね。

Q.2 4年間ケッペキに居続けた感想をお願いします。

わりとどっぷりにはなれなかったなと思いつつ…先輩、同回、後輩と多様な才能に嫉妬し続けるような4年間でした。それにしても「大学時代に京都で演劇やってた」ってのは贅沢なことだなぁって最近気づいて。出会った仲間、経験すべてがこれからの財産です!

Q.3 やりきったこと、やり残したことそれぞれお願いします。

やりきったことは…ないかな?だからこれからも演劇に関わっていこうと。
やり残したことは…ラブシーン?…冗談です!音響班も。部署コンプリートならず!まじめなやり残しはいっぱい。

Q.4 1番思い出に残っていることとそのエピソードは何ですか?

チャチャチャの舞台練中にバースデーサプライズしてもらったことかな。憧れだったから。
あと、新人公演で最悪の状況に直面した夜、みんな変なテンションで節分祭にくりだした時のことも印象的。

Q.5 最後の公演にかける意気込みを一言。

ここにいた証をちゃんと残す気持ちで頑張りたいと思います!アホだけど熱くて最高なこの回生の雰囲気を皆様に感じていただけたらと!

今回は正直やってる自分たちもなんじゃこりゃ?って話だけど、史実上の謎にとんでもない解釈を加えるみたいなロマンから始まってる気がして、嫌いじゃない!お客さんには神話劇なり、歴史ファンタジーなり、青春ラブコメなり、好きな見方をしてもらって、はちゃめちゃだけど、どこか自分たちと地続きな話に感じてもらえたらいいのかなって個人的に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です